女性の社会進出の良し悪しを知れる|SPドラマ津田梅子~お札になった留学生~ネタバレ

フィクションと現実を繋ぐメディア「ネタバレさん2.0」です。

今回の題材は、広瀬すず主演のスペシャルドラマ「津田梅子〜お札になった留学生〜」。

今作の出演には広瀬すずのほかにも、朝ドラ女優でもある佐久間由依、歌手としても活躍する池田エライザ、さらに、音楽アーティストや映画監督としても活動の幅をひろげるディーンフジオカなど、豪華な面々がそろったドラマでした。

2022年の現在では当然の権利と言ってもいい「女性の社会進出」ですが、今作の主人公・梅子が生きた時代の日本では、「女性は夫を支え、家を切り盛りすることだけがすべて」という価値観が色濃くのこっていました。

「実力はあれど、仕事はない」

これが、11年間の留学から帰国した梅子が直面した日本社会の現実でした。

そんな中、主人公・梅子はどんな葛藤をかかえ、どんな人生を選択したのでしょうか。

上流女性の価値観

今作は、史実をもとにしたフィクションです。

ドラマで描かれた物語も、ウィキペディアに書かれていることと、ほぼ同じです。

その中でも、6歳から17歳までの11年間の留学を終えて帰国した梅子が、ふたたび留学の道を選ぶまでの日本での生活が、描かれました。

帰国直後の梅子は日本語もまともに話せず、仕事が約束された留学生だったにも関わらず、その仕事自体がなくなり、政府の引き継ぎもされておらず、ゼロから仕事を探さなければならない状態でした。

まだ自分の意思をはっきりと持たない6歳で日本を離れた梅子は、もはや日本人とは言えないほど日本の文化とかけ離れた価値観を持っていた、ということに驚きました。

ドラマで梅子とともに留学をした仲間たちは、日本社会で生きていくためにある意味、消去法的な選択として「嫁になる」という道を選んでいました。この辺りは、ウィキペディアではくわしくは書かれていないであろう、当事者しかわからない心情が描かれていたと思います。

彼女たちが選んだ「嫁になる」と言うことには、当時の女性たちのしたたかさがありました。資金力のある家へ嫁ぐことで、ほんとうに自分たちがやりたいことができる、と信じていたのです。

「郷に入っては郷に従え」と言われているように、その国の習慣や価値観の中で目的を達成するには、自分の中の価値観からは離れ、日本の価値観を受け入れていった。

この決断があったからこそ、主人公の梅子はのちに津田塾大学の設立ができたのでした。

くわえて興味深かったのは、当時の日本の上流階級の女性たちの価値観でした。

当時、上流階級の女性たちが「女学校」に入学するのは、なにかを学ぶためではなく、自分に「箔を付けるため」というエピソードでした。

これは2022年の今も、さほど変わらない価値観なのではないかと思います。

女性の社会進出の現実と男の気質、女の気質

今回は三つのキーワード、「女性の社会進出」「梅」「上級国民」から掘り下げていきたいと思います。

現代は、女性も男性のように社会に出て稼ぐというような価値観はある意味「スタンダード」と感じます。

人生100年時代となり、自分が成人するまでが20年、子どもが成人するまでが20年で、それ以外の時間がおよそ60年と計算できます。

そしてだれもが、その60年を充実した人生にしたいはずです。

しかし、女性の社会進出は両手を上げて喜べるようなものではないとも感じます。

このことによって、本来の「男と女」の関係が破壊されてしまう可能性が高いからです。

女性は女性らしく、男性は男性らしくということについて、さらに深く知りたい方はぜひ、以下のサイトを参考にしてみてください。

御言葉通りに生きれば、男と女の関係が、夫婦であれ、友人であれ、職場であれ、必ずうまくいく!(十二弟子・NANAさんの証)

RAPT | 悪魔のNWOに荷担せずして国際貢献する方法。自国の文化の押しつけはやめて、互いの国の個性を尊重しあう国際社会へ。

RAPT | RAPT×読者対談〈第123弾〉個性豊かな才能あふれる人々を生み出す社会へ。

RAPT | RAPT×読者対談〈第128弾〉完全解決! もう子育てに悩まない。

【第13回】ミナのラジオ – 一流大学・一流企業に入るメリットはもう何もない これからの時代を成功して生きるための最高にして唯一の方法 – ゲスト・RAPTさん | RAPT理論のさらなる進化形

【第16回】ミナのラジオ – これからの時代に勝ち抜ける人、落ちぶれる人 – ゲスト・RAPTさん | RAPT理論のさらなる進化形

犬たちの特訓を通して、個性才能を見付けることの楽しさや重要性を改めて実感した(十二弟子・エリカさんの証) | RAPT理論のさらなる進化形

上級国民「梅子」の「梅」が意味するもの

残るキーワードは「上級国民」と「梅」です。

上級国民は、2019年頃にネット上で広く知られるようになった言葉です。

日本の学校教育では「人間はすべて平等」と教えられてきたと思います。江戸から明治への「文明開花」によって西洋文化が入ってきたことで、平等な社会になった。

それが当たり前だと思い生活していたのではないでしょうか。

しかし現実はそうではなく、誰もが一度は「おかしい」と思う経験があるはずです。

その「おかしい」の理由の一つが「上級国民」の存在でした。

かつて「支配者たち」と「支配されるものたち」とが厳密に階級分けされていたように、今の日本でも年収や人脈によって、歴然とした格差があったのです。

それ自体は悪いことではないかもしれませんが、そこで、富を持つものが富をもつものだけをさらに優遇し、権力を持つものたちだけが得をするような社会が形作られています。

それによって、実力があったとしても相手にされず、お金や人脈を豊かに持つものだけが栄えるということが現実に起きています。

飯塚幸三という老人が池袋で轢き逃げをした事件でも、彼が上級国民だったので、警察や司法が「鶴の一声」を聞き、ひとが死んでいるのにも関わらず、特例としか思われないような、おかしな処分がされつづけていました。

【天皇家の血筋かつ創価信者】“超”上級国民の飯塚幸三に禁錮5年の実刑判決 | RAPT理論のさらなる進化形

【創価信者かつ上級国民】飯塚幸三が未だに悪びれることもなく裁判で無罪を主張 | RAPT理論のさらなる進化形

デマを流す中田敦彦の正体!!(上級国民+李家+田布施+板〇退〇の子孫!!) – Kawataのブログ

これだけに限らず、テレビで売れている有名人のほとんどが、上級国民の血筋であることがネット上では広く知られています。

これもラプト理論をもとに、次々とあばかれていきました。特にそっくりさんシリーズは、本当に驚くべき発見の連続でおすすめです。

【第15回】ミナのラジオ – 原発の闇に迫る!存在しない原発で暴利を貪る創価人脈=中国人 – ゲスト・KAWATAさん | RAPT理論のさらなる進化形 李家どうしの近親婚か? 星野源と新垣結衣が結婚を発表 | RAPT理論のさらなる進化形

ところで今作の主人公・津田梅子は上級国民なのでしょうか。

まず彼女の出自をウィキペディアで見てみると、徳川家康の徳川家、西郷隆盛の西郷家、織田信長の織田家などと同族であることが記載されています。

これだけ見ても、超上級国民です。

そもそも、津田家は幕臣だそうです。幕臣とは、簡単にいうと「徳川家に可愛がられていた一族」ということです。

そんな津田家は、明治政府が行った北海道開拓使という仕組みのなかで仕事を与えられ、その関係で梅子は留学生としてアメリカへ行き、帰国してからの仕事も約束されていました。

国民のお金で11年間お勉強して、そのうえ、仕事も国が用意してくれたのです。

上級国民以外のなにものでもないですね。

ちなみに、北海道大学とサッポロビールは、この北海道開拓使が設立し、今でも続く組織です。

さらに、この明治政府による国をあげての北海道の開拓は、実は、偽ユダヤ人によって日本を乗っ取るためだったということも、ラプトブログで暴かれています。

そして、今や日本の「出雲族(チュルク族)」が必死になって「偽ユダヤ人」の国を「北海道」に作ろうとしています。

RAPT | RAPT×読者対談〈第108弾〉世界はアーリア人(秦氏)とチュルク族(月派・出雲)の抗争の上に成り立っている。
RAPT | RAPT×読者対談〈第121弾〉清和源氏と日本会議と蝦夷共和国と緑の星。

RAPT | RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

RAPT | RAPT×読者対談〈第55弾〉茶番だらけのこの世の中。

この北海道の歴史は、もはや陰謀論などではなく、学校では教えない歴史的な事実です。

今もなおその事実があまり広められないということは、今の政府にとっても「不都合な真実」と言うことなのでしょう。

RAPT | ジョン・タイターの予言は既に着々と実現しています。「蝦夷共和国」はユダヤ人を北海道に移住させる「河豚計画」の一環として誕生する予定です。

大地震を起こしたり、放射能が漏れているという情報を流したりして、その土地の住民が移住するように仕向け、地価が安くなったところで大量に買い上げる。

この手法は今でも相変わらず続けられていて、最近では太陽光発電・ソーラーパネルもまた、この手法の一つだということが、ラプト理論で明らかになっています。

【第17回】ミナのラジオ- 福島原発事故は孫正義のボロ儲けのタネだった!! – ゲスト•KAWATAさん | RAPT理論のさらなる進化形

今、この瞬間だけを見ていても、それらがどんな結果になるかは分かりません。しかし数年後、数十年後に痛い思いをするのは、わたしたちの子孫です。

今、私たちが政府のやることに何も言わずに口をつぐんでしまうことが、あなた自身の子孫を苦しめることになるのです。

「大きすぎる嘘」を人はなかなか信じることはできませんが、事実を一つひとつ見ていくことで、それらが嘘であることがわかってきます。

「雲と雲の間に沈む太陽」これには心底、驚きました!

上級国民のなかには、偽ユダヤ人が多く、悪魔崇拝をしながら金や権力を、私腹を肥やす為だけに使っている一族がいます。とくに今現在も日本を乗っ取ろうとしているのが「李一族」です。

彼らは朝鮮半島で李氏朝鮮という国家を築いた一族で、「箸を持つことすら嫌がる」というとんでもないエピソードがあります。まさに「ク」ではじまって「ズ」でおわる言葉が似合う一族といえます。

そして、かれら李一族がみずからを象徴するのが「梅」です。「梅」は、中華圏の偽ユダヤ人・李一族の紋章として知られています。

梅の花は、中国語で「メイファ」と言います。

そして、中国では、「フリーメイソン」のことを、「メイファ(梅花)」と呼ぶそうです。

「チャイニーズフリーメイソン」は、三合会とも呼ばれていて、「李家」は、「三合会」を牛耳っていると言われています。

チャイニーズ・フリーメイソン

「三合会」とは中国マフィアの一派なのですが、「李家」の象徴がそのまま、中国マフィア、そして秘密結社の呼び名となっているわけです。

【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!! – Kawataのブログ

そんな李家の子孫が日本の首相だった安倍晋三であり、ソフトバンクグループの孫正義であり、現在、ほぼすべての日本のマスコミ・芸能・音楽・実業界などに蔓延っています。

悪魔崇拝者である彼らに特徴的なのが、数字にこだわるということです。悪魔の数字としてよく知られているのが「666」ですが、これは掛け算で18になります。

そして興味深いことに、今作の主人公・津田梅子の死んだ日が1929年8月16日で、すべて足すと「36」になり、この3と6を掛け算をすると18になります。

そのうえ、死んだ年齢が享年66(満64歳没)で、またしても「6」です。

かつて8.6秒バズーカというお笑いグループの名前の由来が、広島原爆から来ていることが話題になりましたが、このように上級国民たちはことあるごとに「数字」にこだわっています。

金と権力を持つ彼らは、実は、数字に守られていないと恐怖を拭えないほどの地獄を生きているのではないかと、思ってしまうほどです。

RAPT | RAPT×読者対談〈第82弾〉カタカムナこそルシファー信仰の源流である。

まとめ|ネタバレ・時系列・劇伴

と言うことで、今回のネタバレさん2.0はいかがでしたでしょうか。

マスコミが一切報道しない「女性の社会進出」のもっとも大事なポイントと、ドラマの主人公・梅子の「梅」が意味することや、「上級国民」たちの現在についてお話してきました。

テレビやドラマは、上級国民や権力者たちにとって都合の良い情報が垂れ流され、時に、対立する勢力同士が攻撃し合うための発表の場所です。

そこに本当に人生が豊かになる、真実の言葉や救いとなるものはほぼ皆無です。

ドラマや映画が、ほんとうの意味で「人々の救い」に繋がるものとなることが、ネタバレさん2.0の願いです。

ドラマネタバレの概要

1871年秋|梅子、北海道開拓使の留学生に選ばれる
1882年秋|梅子、11年ぶりに日本に帰国するが北海道開拓使が解体され仕事がない。繁、結婚する。海岸女学校(宣教師が設立した学校)で働き始める。外国人が優遇されていることに疑問を抱く(給与が外国人50円、日本人15円・当時の人力車一月5円)英語演劇会を始める。結婚しないと何もできない日本女性の地位に驚愕・怒り。捨松、大山巌(陸軍大臣。西郷家と親族)と結婚する。伊藤博文の家で英語と作法の家庭教師として住み込み。住み込みの女性に主人が手を出すのは当たり前の世の中。捨松、妊娠する。看護婦のため支援のため、日本初のバザーを開催。父・津田仙は日本で西洋野菜、大手町のニセアカシア街路樹を作った。
1885年|日本初内閣発足・文部大臣が森有礼(ディーン・フジオカ)。華族女学校開始・箔を付けるためだけの女学校文化。亮(宮澤エマ)、死去。森有礼、暗殺される。もう一度留学し、三年間ペンシルベニア州ブリンマー大学へ。
1900年|二度目の留学から帰国し、繁、捨松らと共に「女子英学塾」を開校し、校長になる。
1929年夏|嵐の夜(ドラマ冒頭)

劇伴がラヴェル「ボレロ」風。音楽を担当したのは葉加瀬太郎(音楽制作・編曲は柏木広樹、テーマ曲編曲は羽毛田丈史)で、葉加瀬太郎の娘がエキストラ出演。

Connect!

ちなみに、広瀬すず主演の100作目の朝ドラ「なつぞら」は北海道が舞台で、主人公なつ(広瀬すず)の血のつながらない祖父が北海道の開拓者一世と呼ばれる世代。

スポンサードリンク

シェアする