鬼が実在する日本|映画「約束のネバーランド」ネタバレ

ネタバレさん2.0
ネタバレさん2.0
鬼が実在する日本|映画「約束のネバーランド」ネタバレ
/

フィクションと現実を繋ぐメディア「ネタバレさん2.0」です。

今回の題材は、漫画原作の映画化作品「約束のネバーランド」です。

ところどころに聖書が元と思われる世界観や設定が見られ、原作者、白井カウイは聖書の知識に詳しい人物とも考えたくなる作品です。

今作はメディアミックス作品として、アニメの他、海外ドラマやゲームにもなっています。海外版の制作は21世紀FOXで、プロデューサーには「マシ・オカ」が参加しています。

また、アニメ放送が終盤に差し掛かった2019年の3月には、「内閣サイバーセキュリティセンター」がコラボレーションをおこなっていました。

マスコミでは取り上げられない児童相談所の闇

昨今は世界中でプロパガンダがあからさまにひどくなり、ネットの情報と、テレビや紙面での情報に、明確な違いがあることが知られてきました。

相反する勢力がマスコミを利用して、自分たちが有利な情報を互いに出し合っていますので、ニュース記事を鵜呑みにすることはできません。

右翼系(秦氏側)弁護士「南出喜久治」らによる反ワクチン訴訟「アストラゼネカワクチンは子宮頸がんワクチンと同じく不妊症をもたらす毒が入っている」 | RAPT理論のさらなる進化形

ネット上ではRAPT理論をもとに「児童相談所」などの主な目的は、社会を混乱させるための「人員」を育てる組織だということが、明らかになっています。

「児童相談所」は創価学会=中国共産党による合法的な幼児誘拐組織 コロナ下で虐待通告児童が過去最多10万人超 | RAPT理論のさらなる進化形

これと関連するかのように、今作の舞台となるのは、身寄りのない子供達を育てる孤児院です。

原作と同じく、映画の中でも、孤児院は「農園・プラント」という位置付けで、「鬼たち」の市場で売買するために子供たちを育てる施設です。

映画では詳細には描かれませんでしたが、牛肉に「ランク」があるように、子供たちもその知能の違いによって「ランク」分けされています。

知能の高い「高級品」は貴族など上級階級の鬼しか入手できないという、なんともおぞましい設定です。

はっきり言って、子供に見せたくない作品ナンバーワンです。

今作のタイトルの「約束」の意味は、人間と鬼との間になされた「約束」のことを意味します。この設定は新約聖書、黙示録第20章の記述に、どことなく似ています。

また、原作では当初、エログロナンセンスの要素を入れようとしていた上に、原作者本人がジブリ作品の影響を受けていると言っています。まさに、以下の記事の通りです。

【三浦春馬の死の謎に迫るⅤ】宮崎駿は池田大作の親戚だった!! ジブリは暴力団、エログロ集団と蜜月のペドフィリアだった | RAPT理論のさらなる進化形

映画「約束のネバーランド」は、現実にある、人身売買や児童誘拐などと思われる描写のある映画でした。

このようなことからも、ますます、子供には見せたくない作品です。

「臓器移植」の深い闇に迫る! 現代の「食人」「カニバリズム」はあなたのすぐそばに。 – Kawataのブログ

RAPT | 裏社会の三大収益源は武器取引・麻薬取引・人身売買。日本の幼児誘拐が急増したのは「改正暴力団対策法」が原因か。

政府が子供の個人情報を一元化する「こどもデータベース」構築へ 幼児誘拐や人身売買に悪用される可能性大 | RAPT理論のさらなる進化形

仏カトリック教会の司祭ら3200人以上が児童に性的虐待 カトリックは人身売買と幼児虐待を生業にする悪魔崇拝組織 | RAPT理論のさらなる進化形

【強制労働大国ニッポン】米国務省、日本の外国人技能実習は人身売買だと批判 | RAPT理論のさらなる進化形

スマートシティの行く末か?2045年の物語

原作の設定では2015年頃から人間と鬼が「棲み分けられる世界」が始まった様子で、1000年間は、鬼と人間が「互いの世界に干渉しない」という約束が取り決められています。

映画の劇中では2045年の世界が描かれていますが、2045年といえば、中国共産党や創価学会などの人脈が乗っ取った日本政府(内閣府)の、SF小説を地でいく「ムーンショット計画」というプロジェクトが最終段階に入るころです。

ムーンショット目標 – 科学技術政策 – 内閣府

これは「スマートシティ」としても進められていて、理想的なスマートシティの都市と言われる中国の深圳という街は、まさに「地上の地獄」と化しています。

【超監視社会の末路】中国・深圳でロックダウンが解除されるも、厳重な規制に耐えかねて自殺者が続出 | RAPT理論のさらなる進化形

これらは決して実現されてはいけない政府の政策です。日本がそうならないためにも、マスコミの情報を鵜呑みにせず、自分の目で事実を見てほしいと願います。

また、映画で登場人物たちが暮らす「GFハウス」のロケ地の一つに有栖川家の福島の別荘、天鏡閣があります。

日本の宮家の「有栖川」の名前の由来にははっきりしたものがないとされていますが、映画産業で有名な京都の太秦には「有栖川」という小字(地名)があったそうです。

ちなみに、同時期に放送されていた朝ドラ「カムカムエブリバディ」でも劇中で主人公が暮らす街として登場するのが「太秦」でした。

【やはり秦氏と出雲族の争いだった!!】ロシアがウクライナに侵攻を始めた理由を解説 | RAPT理論のさらなる進化形

また、有栖川家は「高松宮家」の分家のようなもので、徳川家のみならず、井伊直弼の井伊家、毛利家、浅野家、有馬家などと親戚関係ですが、この高松宮家は「ガン利権」の本丸のようなものです。

有栖川=高松宮の最後の「宣仁親王妃 喜久子(のぶひとしんのうひ きくこ)」は徳川慶喜の七男の娘(慶喜の孫)で、彼女は「高松宮妃癌研究基金」を創設した人物です。この癌研究基金、現在は平成天皇の弟・常陸宮正仁親王が総裁になっています。

さらに高松宮家は、「芸術分野のノーベル賞」を自称する怪しい世界文化賞を創設している一族でした。

RAPT | どこまでも怪しいザハ・ハディドと安藤忠雄と新国立競技場。今回の騒ぎもやはり「大和族」と「出雲族」との争いが原因か。

その上、戦後に創価学会を復活させたのも高松宮家だったとも言われているようです。創価学会のパトロンが皇族だったとは驚きです。

”「日韓 関係の摩擦・悪化」は嘘。日本と 韓国(朝鮮)は、昔から一つに繋がっています”⑭ | RR復活 RAPT理論

「鬼は人の脳を食べないと、知性を保てない」

この漫画を、どんな気持ちで書いたのか、そしてどんな気持ちで映画化をして、出演者・スタッフはどんな気持ちで演じ、制作していたのか。

確かに、主人公たちが「ハウス・農園」から脱出するという希望的な側面を強く描いた作品ではありますが、設定が真っ黒であることに変わりはありません。

何よりも驚いたのが、「鬼たちは人の脳を食べないと、知性を保てない」という設定。

今作の世界観では、知性が高い子供ほど、高値で売買され、その子供たちを入手できるのは「上級の鬼だけ」とされています。

日本では、悪魔崇拝がいまだに陰謀論だと思う人が多いかもしれませんが、悪魔崇拝者たちがかかる特有の病気に「クールー病」があります。

かつて、メルケル首相が公の場で「震えが止まらない」という姿が目撃されたことで話題になりましたが、これが「クールー病」の症状の一つと言われています。

人肉を食べすぎてクールー病を発症したドイツ・メルケル首相、今年9月の引退を控えて最後の訪英 | RAPT理論のさらなる進化形

【悪魔崇拝】カニバリズムによってクールー病を発症するイルミナティ | RAPT理論のさらなる進化形

また、パーキンソン病もクールー病とほぼ同じで、池袋で轢き逃げ事故を引き起こした飯塚幸三は、すでにその病に犯されているようです。

【創価信者かつ上級国民】飯塚幸三が未だに悪びれることもなく裁判で無罪を主張 | RAPT理論のさらなる進化形

【北朝鮮拉致問題はただの詐欺】横田早紀江らが16億円の拉致対策費をぼったくるため、拉致44周年の集会をしぶとく開催 | RAPT理論のさらなる進化形

パーキンソン病もアルツハイマー(認知症)も、そのほとんどは専門医など、医者の言う通りに薬を飲んだりすることで引き起こされますが、このような医師たちのせいで「薬害」として様々な病気が作られています。

【コロナだけではない】こんなにあった! 日本の薬害 その背後に731部隊(岸信介=李家)の影 | RAPT理論のさらなる進化形

とにかくまず私たちが知るべきなのは「基本的に薬は毒」であり、多く、長期的に利用することは避けること。

RAPT | RAPT×読者対談〈第113弾〉ワクチンも薬もただの毒。論より証拠。

また、本来人間はサプリメントなどがなくても健康に生きられると知ることです。

糖質制限もヴィーガンも健康にはなれない、嘘の健康法です。

以下のサイトでは、本当の健康には特別なものはいらないということを教えてくださっています。是非一度目を通して欲しいと思います。

健康 | 検索結果: | RAPT理論のさらなる進化形

“健康” の検索結果 – Kawataのブログ

ですので、間違っても「大麻は体にいい」というような嘘には騙されないでください。本当に持続的な健康は、大麻に頼らずとも手に入れることはできます。

「安倍昭恵」は日本の「大麻闇ルート」における中核的存在です。 – Kawataのブログ

ちなみに、原作の世界観では「鬼は質の悪い食材ではまともに生きられず、半年ほど人肉を食べなければ、落ちぶれてしまう」という設定です。

その上、鬼の世界には階級が存在し以下のようになっています。

頂点の鬼>王>貴族>平民(ここまでが知性鬼の社会)>野良鬼

この中の知性鬼の世界でも、高度なテクノロジーによる機械類がなく文明が遅れていて、知能の高い人間が作った機械を使わなければならないので、鬼たちは知能の高い人間を必要としているのです。

悪魔崇拝をするものたちは知能が衰え、神様を信じるものたちの知能はどこまでも高められるということが、図らずも描かれているとも言えます。

年を重ねても、神様を信じる私たちの”脳”は衰えることなく、日々進化し成長していく(十二弟子・NANAさんの証) | RAPT理論のさらなる進化形

RAPTブログに出会い、生きる目的がどんどん明確になり、人生が絶望から希望へと変化した(十二弟子・エリカさんの証) | RAPT理論のさらなる進化形

また、花粉症という病気も「花粉が原因」ではなく、航空機からばら撒かれている化学薬品などの「ケムトレイル」で「演出(人為的に作られている)」されていることが明らかになっています。

2011年から1500倍になったと言われる2022年の花粉の量ですが、それだけ花粉の出る樹木が植えられたという事実はどこにあるのでしょうか?

都心部ほど樹木は次々と宅地にかえられ、木々が増えたとは到底思えません。つまり、木以外が原因だという証拠とも言えるのではないでしょうか。

【じげもんの常識をブッ壊せ!!】Vol.1 – 花粉症は存在しない!

嘘をつきすぎて、誰もが嘘と分かる状態にあることに気づけないほど、権力者たちは知能が低いという証拠ともいえます。

【コロナだけではない】こんなにあった! 日本の薬害 その背後に731部隊(岸信介=李家)の影 | RAPT理論のさらなる進化形

そしてなんと、「高い知能を持つ健康な人間」の脳を実際にスープにして食べていたという、おぞましいことが、現実に起きていました。礫真の教科書でも学んだことがある周恩来や江沢民、毛沢東やポル・ポトなどの「共産党」人脈が、この映画の「鬼」のように人を食べていたのです。

【狂気の中国共産党】周恩来や江沢民は、生きた人間から取り出した脳みそをスープにして食べていた!! | RAPT理論のさらなる進化形

このような異常な世界を描いたのがこの映画だと知って、危険なモラルを植え付けるような作品から離れて暮らすことが知恵だと思います。

プラント・農園=自分の世界からの「脱獄を諦めろ・絶望を受け入れろ」というメッセージを入れ込む

原作では逃げた子供たちが「地下に逃げ込む」という物語ですが、これもまた悪魔崇拝と関連する描写です。

知られざる東京の地下都市構想「大深度地下開発」イルミナティは今でも地下で悪魔崇拝を行っている!! | RAPT理論のさらなる進化形

映画で主人公たちは、彼らが生まれ育った農園・プラント(ハウス)の真実を知り、そこから逃げようとしますが、子供達にとっての親であるシスターから「逃げることは諦めろ」と言われるシーンがあります。

これは、嘘の情報ばかりに覆われている今の私たちの世界を「受け入れろ」と言っているようにも解釈できます。

このように、希望的なメッセージとともに、絶望的な状況を受け入れて生きろという真逆のメッセージを入れ込んでいます。

このような意味でも、子供に見せたくない映画と言えます。

この世が悪人に支配されていると分かっても、神様を知っていれば喜びと希望の中で生きられる(十二弟子・ミナさんの証) | RAPT理論のさらなる進化形

今の自分を肯定しても苦しいだけ 自分を成長させることで喜びと希望に満たされる(十二弟子・KAWATAさんの証) | RAPT理論のさらなる進化形

まとめ|本当の希望があるところ

ということで、今回は「約束のネバーランド」で描かれていることが、悪魔崇拝の世界に酷似している、ということをお伝えしました。

私が思う本当の希望は、今作では描かれていませんでした。

RAPTブログを知れば、腐敗と退廃、モラルの破壊が進むこの世の中でも、希望を持って前向きに生きられる!(十二弟子・NANAさんの証) | RAPT理論のさらなる進化形

インチキや詐欺ができなくなる世界が来ることが、ネタバレさん2.0の願いです。

インチキ占いや墓石詐欺などで暴利を貪ってきた「細木数子」が83歳で死去 呼吸不全で | RAPT理論のさらなる進化形

それではまた次回もお楽しみに!

スポンサードリンク

シェアする